MENU

「正常眼圧緑内障」とは

「正常眼圧緑内障」とは

 

正常眼圧緑内障」とは、文字通り、眼圧が正常である状態で発症する緑内障のタイプです。

 

一般的に眼圧が高くなることが、緑内障の発症につながっていると考えられています。このため、眼圧が高くなりやすい40代以上、高齢者に多いとされていましたが、眼圧が正常であっても緑内障を発症することが判っています。

 

どちらかというと、現在のデータでは、緑内障全体の70%が眼圧の関係ない正常眼圧緑内障とされています。

 

眼圧が高いことからくる緑内障なら、眼圧の定期検査で早期発見が望めますが、正常眼圧緑内障を早期発見する術はあるのか気になるところだと思います。

 

正常眼圧緑内障について未だ詳細も判明しておりません。

 

判っていることは、視神経の状態の変化に個人差があること、眼圧や血液循環の悪化か関係しているという説はあります。

 

血流障害がある方や眼圧が大きく変動しやすい方に多いことから、この説が有力と考えられます。

 

しかし、正常眼圧緑内障について90%の方が自覚していないとされています。

 

視界に異常があらわれ、視野が狭まっていき症状も悪化してしまいます。

 

まず、緑内障は誰にでも発症する可能性があること、40歳を過ぎるととくにリスクが高くなることを理解し、定期的に眼科で検査を受けることをおすすめします。

 

ルテイン配合サプリランキング