MENU

緑内障の種類

緑内障の種類

 

緑内障とひとつに括っても、種類があります。大きく分けると、「開放隅角緑内障」と「閉塞隅角緑内障」のふたつに分類されます。

 

どちらも緑内障ではありますが厳密には異なる部分があります。

 

隅角が開放・閉塞という違いですが、隅角は虹彩と角膜の間にあり、目の水を流れ出す部分が存在します。

 

ここの広さについては個人差があり、とくに遠視の女性は狭い傾向があるとされています。また、加齢によって隅角は狭くなることもあり、生まれつき狭いケースもあります。

 

開放隅角緑内障

 

隅角が開放されている状態であるものの、水の流れが滞っている緑内障です。

 

具体的には、房水の出口部分が詰まってしまい、作られた房水が流れ出ず眼圧が高くなる仕組みです。

閉塞隅角緑内障

 

隅角が閉塞している状態であり眼圧が高くなって房水が流れ出なくなる緑内障です。

 

どちらも共通するのが眼圧が高く、また、急性と慢性というタイプもあります。

 

どちらかというと、閉塞型の方が危険度は高いとされています。

 

閉塞隅角緑内障の急性型は、急激に眼圧が高くなるため、目の症状だけでなく、激しい頭痛や吐き気が起こることがあります。

 

慢性型の場合は、急激に症状が起こることがないため見逃されやすく、知らないうちに悪化することもあります。

 

ルテイン配合サプリランキング

 

 

眼圧

めなり(さくらの森)の特徴

さくらの森が販売している『めなり』は、目に良いと言われる成分がブレンドされているサプリメントです。しかも、それぞれ高配合! アントシアニンが豊富なビルベリーを170mgに、ルテイン12mg、ゼアキサンチン2.4mgと、業界トップクラスの配合量になっています。 この他に、クロセチンやβカロテン、ビタミン群やミネラルなどサポート成分もたっぷり入っています。品質の良さにも定評があり、2016年モンドセレクション最高金賞受賞の実績を持っています。

価格 907円
摂取目安 摂取目安
配合成分 配合成分
評価 評価5
備考 初回価格
 

眼圧

大正ブルーベリー(大正製薬)の特徴

『大正ブルーベリー』は、大正製薬が販売しているサプリメントです。製薬会社ならではの品質で安心! ビルベリーエキス80mgやルテイン6mg、目に良い成分をバランスよく取れます。しかも、ソフトカプセルを採用し、吸収性もばつぐん。 劣化を防ぐためにアルミ個包装になっているため、鮮度も保たれ、なおかつ携帯にも便利なサプリメント。

価格 1,000円
摂取目安 摂取目安
配合成分 配合成分
評価 評価4.5
備考
 

眼圧

小林製薬のルテインの特徴

『小林製薬 ルテイン』は、小林製薬が販売している、目をスッキリさせたい方のためのサプリメントです。 目の違和感をおぼえたら、目薬だけでなく、一緒に試してみてはいかがでしょうか? 機能性表示食品で、ルテイン10mgを配合しています。ルテインは目の黄斑部に欠かせない成分です。

価格 1,728円
摂取目安 摂取目安
配合成分 配合成分
評価 評価2
備考